フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

文化・芸術

2010年3月 1日 (月)

初顔合わせ-次の芝居の始まり

世界を回るクルーズの準備が始まったと思ったら、
今度は、芝居の準備の始まり。

来年2011年の7月に行われる「みどり文化芸術ネットワーク」主催の音楽劇『みどりの宙(そら)を越えて』の参加説明会が昨日あり、予想をはるかに超えて、会場に入りきれない50人ほどが集まったのです。その後行われたワークショップにも参加登録を済ませた40人以上が残り、大盛り上がりでした。
私は、その芝居の作・演出担当。うれしいやら、たのしいやら、うきうきの一日でした。

参加者は、文字通り老若男女、小学校1年生から70代まで。
ただ、働き盛りのお父さん世代がいないのがさびしかった(今の日本の社会状況の見事な、しかし残念な反映ですが)。説明会では、小学生から「劇をするのに一番大切なことは何ですか?」と本質を突く質問が飛び、作・演出担当が汗だくで答えるなど、これからがワクワクひやひやなヒトコマもありました。
あるお母さんと話していて気がついたのは、今日小学校1年生で参加した子は、本番(来年7月)には、3年生なんですね。4年生の子は6年生です。1年半にも亘る芝居創りなんですよ。
なかなかありません、こんなに長い期間を通して一つの芝居を創り上げていくのは。もちろん私も初めてです。いやいや、ますます楽しみで~す。

さて、台本をもっともっと練り上げねば。

2010年2月25日 (木)

戯曲を読む会 2種

本日はCM.。

昨日書いた、ダメ出し無し・本番に向かっていかない会合2種。

その1.「声に出して戯曲を読む会」というのを先日書いた。
昨年秋からやっていて、井上ひさし『父と暮らせば』から読み始めた。
台本を一人ずつ交代して素読みしていく。
3月9日(火)19:00名古屋女性会館。テネシー・ウィリアムズ『ガラスの動物園』の3回目。

その2.「リーディング・カフェ@名古屋」
昨日書いたのの、名古屋版。
3月10日(水)19:00隠れ家えん
http://www.kakurega-en.com/location.html
こちらは、役を振り分って交替で読む形式。SPAC主催。

芝居はとてもできそうもないと思うが(実はそんなことないんです。誰でもできるんですけどね)、興味はあるという方、覗いてみませんか。

その他のカテゴリー