フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« リーディング公演終わる! | トップページ | 近況報告 »

2011年3月 6日 (日)

冬の上高地

芝居の稽古の合間を見つけて、冬の上高地に遊びに行った。
スノーシューで歩き回るハイキングだ。
天気予報では、冬型。吹雪を覚悟して行ったのだが、
晴れ間も時々覗くまあまあの天気で、夏の喧騒からは予想もつかない
雪の上高地を満喫した。
Photo

釜トンネルを歩いて抜けて、いよいよハイキング開始。
大正池までは、スノーシューをつけずに歩く。
時々、焼岳が姿を見せる。
大正池は、昔たくさんあった立ち枯れの木が全く少なくなっていたのは
驚きであった。
Photo_2
<大正池から焼岳をのぞむ>
大正池から奥、河童橋への往復は、スノーシューを付けて、
ハンノキやケショウヤナギなどの林を自在に歩きまわり、
自然の空気をたっぷり吸って、すがすがしい休日を楽しんだ。
Photo_3
<誰もいない!冬の河童橋>

あちこち木の皮が剥がれていて、
それは猿の仕業とガイドが説明がある。
いる!いる! 我々ツアー、の一行に一向に構わず、
あちこちで、食事を「楽しんでいる」ようにみえるが、真冬の上高地で
(日本の猿の中で、最も気温が低いところで生きている猿と聞く)
必死に食べ物を見つけて生きているのだ。
Photo_4

Photo_5

一つ知ったことがある。
Weston
上高地に、日本に近代登山をもたらした、
ウェストンのレリーフがあるのは有名である。
はじめてレリーフが掛けられたのは昭和12年(1937年)。
それが太平洋戦争の際、取り外され、東京に保管されたが、
東京大空襲で燃えた(溶けた)のだそうだ。これは知らなかった。
だから、今あるレリーフは、それを打ち直したものなのだ。
こんなところにも、戦争の傷跡が隠されていた。

芝居も登山も、平和でなくてはできない。

« リーディング公演終わる! | トップページ | 近況報告 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リーディング公演終わる! | トップページ | 近況報告 »