フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« しゃべりの速度 | トップページ | シェイクスピア最長の戯曲「ハムレット」 »

2010年11月15日 (月)

なぜ、西遊記ばかり?

今年はじめ、私の作・演出で、遊楽演15周年記念公演『OH!悟ッ空』をやった。
Image1

秋は、ひらき座が100回記念公演で『西遊記』だ。
私、出演!!!!!!!  観てね!
Image2

孫が、今年、学芸会でやはり『西遊記』。「牛魔王」役をやった。

Image22
これは、孫ではない。ひらき座の「牛魔王」。

『西遊記』の面白さは、その比類ない度量の大きさといえる。
悟空はいとも簡単に殺したりするが、ここには、宇宙の全てが詰まっている。
生と死、食と性、人間と生物、自然と生活、冒険と勇気、無謀と狂気・・・。
それらが、たっぷり詰まっている。
遊楽演は、遊楽演にふさわしい『西遊記』を創った。
ひらき座は、いかにもひらき座らしい『西遊記』を創り上げつつある。
亡き増っさんも、安心だ。

« しゃべりの速度 | トップページ | シェイクスピア最長の戯曲「ハムレット」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しゃべりの速度 | トップページ | シェイクスピア最長の戯曲「ハムレット」 »