フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« なぜ、西遊記ばかり? | トップページ | 今年最後の公演 »

2010年11月19日 (金)

シェイクスピア最長の戯曲「ハムレット」

名古屋の「戯曲を声に出して読む会」は
4回もかけて、ようやく読み終わった。
前にも触れたが、実にいろいろな訳があって、実に面白い。

例の有名なTo be, or not to be: that is the question.は、

アリマス、アリマセン、アレワナンデスカ(チャールズ・ワーグマン?1874

存存(ながら)ふか、存へぬか?それが疑問ぢゃ(坪内逍遥、1907

世に在る、世に在らぬ、それが疑問ぢゃ(坪内逍遥、1933

あるべきか、あるべきでないか、それは疑問だ(本多顕彰、1933

長らうべきか、死すべきか、それは疑問だ(本多顕彰、1949

生か死か・・・・・・それが問題だ(久米正雄、1915

生きるか、死ぬるか、そこが問題なのだ(市河三喜・松浦嘉一、1949

生きる、死ぬ、それが問題だ(三神勲、1951

生か、死か、それが疑問だ(福田恆存、1955

在るか、それとも在らぬか、それが問題だ(大山俊一:1966

このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ(小田島雄志:1983

生きているのか、生きていないのか、それが問題だ(竹友藻風)

どっちだろうか。さあ、そこが疑問(浦口文治)

生か死か、其の一を撰ばんには(山岸荷葉)

ながらふる、ながらへざる、ここが考へどころぢや(土肥春曙)

死ぬるがましか、生くるがましか、思案をするはここぞかし(外山正一)

ながらふべきか、しかしまた、ながらふべきにあらざるか、ここが思案のしどころぞ(矢田部良吉)

やる、やらぬ、それが問題だ(小津次郎)

生きてとどまるか、消えてなくなるか、それが問題だ(松岡和子)

生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ(河合祥一郎)

とまあ、実に面白い。

ところで、この戯曲の舞台となっている「エルシノア城」のモデルは、

「クロンボー城」。ここは、ピースボートの旅の中で行ってきた。

Photo

端正なお城だった。スウェーデンとの海峡に向いて建てられていて、

城門の横には、シェイクスピアの肖像画が飾られ、

Photo_2

内部には、毎年中庭で上演される「ハムレット」の舞台写真が。

Photo_3

歴史を感じる戯曲を声に出して読む、いいものですよ。

« なぜ、西遊記ばかり? | トップページ | 今年最後の公演 »

旅行・地域」カテゴリの記事

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ、西遊記ばかり? | トップページ | 今年最後の公演 »