フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 第2回公演「講談寄席」大成功! | トップページ | 日付変更線 »

2010年7月18日 (日)

船内生活 2

最もPeaceBoatらしい風景はなんだろうと考えてみた。

(1) レストランで食事を摂る時、毎回違うメンバーと顔を合わせる。

さすがに「お宅のお名前は?」から始まって「どこからみえた?」の会話は少なくなったが、寄港地での出来事や船内活動の話題で大いに盛り上がる時もあれば、およそ会話の無いテーブルになる時もある。食事ごとにどういうメンバーか、楽しみである。

(2) 朝食食べながら、戦争体験が語られる。

これは、実際、私も2度3度経験したことで、70・80代の人が結構乗られているので、普通に会話しているうちに、自然にそこへ話が行っちゃうのだ。但し、そこへ行くと話が長くなり、席を立つタイミングを計るのが大変難しい。

(3) 昼食時、若い人たちが78人輪になって「貧困とは何か」の議論をしている。その隣で、熟年世代がビールやワインを開けて、談笑している。

時々、若い世代と食事でテーブルを共にすることがあるのだが、たわいもない話題についていけないと思うこともしばしばだ。でも、極めてまじめに真剣に討論している姿がけっこう見受けられる。

(4) フリースペースで、若い人たちが、翌日のイベントの道具や飾り付けを作っている。大学祭の前日のような乗りだ。

(5) 昨日、夕食時、若い二人と同じテーブルになった。そしたら、この二人から「なかさんは、元教師だったんですよね」から始まり、真面目に十五年戦争・日韓併合・教科書問題・歴史認識の問題を議論してしまった。果ては、私の教師としてのメッセージは何だったのかまで問われちゃった。

しかし、これこそPeaceBoatの原点だろう。リタイアしたら必ず乗るぞ!と思っていたPeaceBoatだが、まさか、こういう形で教師生活の本質を迫られるとは思ってもいなかった。感謝である。

(6)そして、今日は、船上結婚式! 仲間の手作りのウエディングドレスに身を包んだ新婦と新郎が船長の祝福を受けて、素敵な式を挙げた。昨日までの波のうねりもすっかり収まり、太平洋も彼らの船出を祝福していたのであった。

Photo

« 第2回公演「講談寄席」大成功! | トップページ | 日付変更線 »

旅行・地域」カテゴリの記事