フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Viva! Venezuela | トップページ | アメリカ大陸二つの文明 »

2010年7月 1日 (木)

船内生活

大西洋の海の色は紺碧色だったが、カリブ海はますます深い色になる。これまで見たことのない色が水平線の向こうまで続いている。デッキはますます暑い。プールで泳ぐギャルの姿がまぶしい。

ベネズエラの民族音楽のリズムに続いて、ジャマイカはもちろんレゲエ。2拍目4拍目のアクセントに酔いしれて、船は再び南下、パナマに向かっている。

ほとんどがインドネシア人のクルー達も、船が南下するにつれ、自分たちの気候を察知するのか、陽気になってきた。ウエイター達は、Tea serviceを「Coffee or Japanese tea?」と最初は言っていたのが、この頃は、「コーヒー? オチャ?」と日本語がしょっちゅうだ。こちらが「Tea please」なんて答えると「スコシ? オオモリ? テンコモリ?」なんてやりかえしてくる。

最近は、「静岡茶」と言うようにしていたら、数人は覚えたね。インドネシア人には「し」「ず」の発音が難しいらしいが。

それにしてもこの船は空調設備も老朽ものだ。わが部屋はまだ調節が効くほうだが、全然効かない部屋があり、クレームが続出。イベントがあるシアターや公共空間・レストランなどは、むちゃくちゃ暑かったり寒かったり。

若者たちは、次から次へと企画されるイベントの実行委員になったり出演したり、自分たちで企画そのものから作り上げたり、その練習や準備など、忙しく動いている。もちろん、あッちでもこっちでも見かける顔もあれば、ほとんど参加しようとしない若者もいるが。

これまでのイベントをあげると、

憲法誕生日祭・紅白歌合戦・69演祭・大運動会・曲芸大会・アラビアンナイト・沖縄デー・フットサル大会にベネズエラフェス。これからも、夏祭りに日付変更線祭、自主企画発表会、船上結婚式と多彩なイベントが目白押しだ。

大人の楽しみ方は多彩だ。

劇団PeaceBoatに集まる熟年たちは、興味八方。芝居はもちろん、朗読も講談もチャレンジ、歌に踊りに楽器に書道、学習講座、ジャグリングから南京玉すだれ等々、時間の許す限りあちこちで文化センターを堪能するグループの代表格だ。

若者の真剣な学びの場が、地球大学。レポートや報告会もあり、本格的に環境問題などのテーマ別に学んでいて、そこに所属する若者は学び最優先だ。

もう一つの学びが、GET。英語とスペイン語の2種類あるが、最優先でじぶんのものにしようとしている。けっこう熟年世代がいるので、その学びの意欲に脱帽。

« Viva! Venezuela | トップページ | アメリカ大陸二つの文明 »

旅行・地域」カテゴリの記事