フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ヨーロッパ見聞録・その5 そして、第2回公演大成功! | トップページ | 16日17時。2日遅れでようやくダブリン出港! »

2010年6月16日 (水)

本日16日、いまだ(14日出港のはずだった)ダブリン! いつ出港できるのか?

(1)614日は、20:30帰船リミットだった。

・ところがその時、放送。「船長より、ダブリン港当局より安全検査を受けるよう指示があり、明日15日の14:00過ぎに出港する」。20:30ぎりぎりにフェンスを乗り越えて息も絶え絶えに帰ってきた若者たちは、のけぞった。

(2)15日。

・午後再び船長より「検査が長引いており、夜中の12:00ごろ出港予定」。

・夜になり、又もや放送「再々再延期。明日16日の昼出港予定」

なぜ、こんなに出港できないのか? もう船内は、噂と憶測がうじゃうじゃ飛び交っている。

(4)そして、今は16日午前10:30。帰船リミット11:30だけが伝えられ、出港予定時間は、(これまでは帰船リミットの1時間後だったのに)明らかにされていない。さあ、PeaceBoatは、今日出港できるのか? 

(5)暇なので計算してみた。仮に今日午後出港できるとして、予定通り大西洋を横断するためには、1週間もの間1.2倍のスピードで航行しなきゃならない。この老朽船でそれが可能なのか? いやいや、面白い楽しい船旅だ。

« ヨーロッパ見聞録・その5 そして、第2回公演大成功! | トップページ | 16日17時。2日遅れでようやくダブリン出港! »

旅行・地域」カテゴリの記事