フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« | トップページ | ヨーロッパ見聞録・1 »

2010年5月15日 (土)

ソマリア沖~地中海へ

53

船内は、祝・憲法誕生日イベントがいっぱい。

「日本にいたらゴールデンウィークの中の一日で終わってしまう憲法記念日が、PeaceBoatの船に乗っているからこその53日になった」という声が聞こえる。

卓9大会、

そして夜は、MUSI9 FESTA。

スライドに始まり、名古屋PeaceBoatセンターに伝わる「9条ダンス」。

10人ほどの若者が船内で稽古を積み重ねてきで披露。

素晴らしかった。いつか平演会の舞台で踊りたい。

続いて、わが劇団PeaceBoatによる群読『日本国憲法』。

以前、東海音声表現研究会を中心に演ったものを短くして、上演した。

観客の皆さんが実によく集中して聴いてくれて、

またもやおいしい酒が呑めた。旗揚げ公演、大成功。

56日(木)

午前030頃、突然何語か分からない放送があり、船が大きく左右に傾いて蛇行航行を始めた。

廊下の雰囲気からも緊張が感じられる。

だいぶ経って日本語放送があり、不審船2隻が接近してきたため、蛇行運転を行って振り切った。安心をとのこと。

翌朝、船内はそのことで持ち切りで、あることないこと噂が満載。

船は150mまで接近していた、銃声を2発聞いた、いや20発ほどだ、火柱があがった、こちらからも応戦した=つまりPeaceBoatは武装している、廊下に出たらCREWが救命胴衣を着て走り回っている(これは事実)ので、自分も着た、私は荷造りを始めた、などなど。

真相はどうだったか、のちに公式発表があった。

ソマリアとアラビア半島に挟まれたアデン湾の中間地点のあたりで、不審船に追いかけられたが、ジグザグ航行して振り切り、NATO軍に連絡したところ、その後ギリシャの軍艦に逮捕されたんだって。

海賊が去って紅海に入ったら、毎日のようにイルカが歓迎に現れる。

時には20匹以上、5分以上の長~いショーを繰り広げてくれる。

510

ようやくEgypt Safagaに到着。

ちいさな港街だ。

今日は何の予定もないので、午前中、街を散策する。ほんの1時間半散歩しただけで、あまりの暑さに(湿気はないのだが、熱風が吹きぬけるとおそろしく暑い。長袖・長ズボンが正解なのだが、暑い。)

翌5月11日。

近くのリゾートビーチ・ハルガダへ。海がとてもきれい。エメラルドグリーン色の海が広がる。日本人はあまり行かないが、欧米人はよく来る有名なリゾート地だそうな。

事件はそこで起きた。

男が長い布を買えと寄ってくる。

変な布だし、しつこいなと思いながら、NO!NO!と言っていて、

ふと気がつくとたすき掛けにしていたカバンのチャックが空いていて、財布が無い!

あいつだと思ったものの念のため財布を探しているうちにそいつの姿を見失い、

バスに戻ろうとして、ふと後ろを見ると、その男がいるではないか。

あっと思うと、逃げていく。

バスに戻り、ガイドに顛末を話し、船に連絡を入れて、クレジットカードを止めるよう要請していると、もう1台のバスガイドが我が財布を持って呼んでいるではないか。

クレジットカードが中に入ったまま、現金だけ抜き取られて返ってきたのだ。

????

まあ、怪我もせず、カードも無事で、ほんの少しの被害で済んで、不幸中の幸いということか。

クレジット会社への連絡を手配し、1件落着であった。

スリの手口を実地に学んだ授業料は5~10ドルであった。

次からは、騙されないぞ!

5月1213

ヨルダンのアカバから死海へ。

海抜マイナス400m!にある。

塩分濃度20度以上の文字通りのDead Sea

とてもしょっぱく、目に入ったら直ちに洗わねばならない。

いやあ、見事に浮かぶ。とても不思議な感覚。

Photo

浮き過ぎて、バランスが難しく、

妻は本を持って入り、見事に本もろともひっくり返った。

泥パックもあり、浸かったあとは、お肌スベスベ。

openから1年しか経ってない美しいホテルで、半日過ごし、

思わぬリゾート気分を味わう。

だが、対岸にはパレスチナ西岸の山々が連なり、中腹にはエルサレムの灯がみえる。

アカバと死海への道路では、軍隊の検問があり、

首都アンマンには、パレスチナ難民キャンプがある。

国家・民族・宗教で対立・憎悪・報復を増幅する人間とは何なのか。

のんびり過ごせていいなあ、だけでは済まされない……。

515

600スエズ運河に入る。

ファラオの時代から構想され、

レセップスが作り、

その後拡張されたスエズ運河は12万人もの死者を出して完成したのだ。

長さ162km、幅が意外と狭かった。

スエズ運河を1日かけて通行する。

38000tのわがオセアニック号の通行料はいくらでしょう。

(1)1000万円以下

(2)10002000万円

(3)2000万円以上

« | トップページ | ヨーロッパ見聞録・1 »

旅行・地域」カテゴリの記事