フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 音読・朗読は、いいっ! | トップページ | もちろん、芝居が最高です »

2010年3月13日 (土)

講談も、又いいッ!

昨日、神田山陽を聴きに行った。
NHK「にほんごであそぼ」に出ている好男子、講談師。20100312_3

15分前に入ったら、なんだか会場が沸いている。
なんと、幕前でジャージ姿の山陽がお客さんと掛け合いしててえらい受けているのだ。
「それじゃ、そろそろ着替えてくるんで」と袖に消えて10分後。
2時間半、彼一人だけでしゃべりっぱなしの純粋独演会。
途中7分間の休憩中も、舞台から去らずに、お客さんと写メ撮っているのだ。

なんというパワフルさ、嘘か真か(講談師見てきたようなウソをつき)、
客を飽きさせない次から次へと出てくるあれこれの話題。
3つほどの演題を、しゃべくりでつなげていくのだが、笑った笑った。
講談なのか何なのかよくわからない。ヘタな落語よりよほど面白い。
語りもうまいが、なにより山陽その人がおかしい。なにせ、小学生なのだ、彼は。

はまりました。

実は、昨年から講談を習い始めているのです。
日本語の日常アクセントやイントネーションとはちがうのだが、
演るも聴くも実にいい。気持ちいいのだ。
かつて、ちょこっと狂言を習ったこともあるが、
40年以上も芝居演ってながら、今更何言っとんのと笑われそうだが、
もっと早く、日本の話芸の素晴らしさに触れ、向き合うべきだった。

ちなみに、私の師匠は、この人。美人です。サイコーです。
http://blog.kandakyoko.com/

« 音読・朗読は、いいっ! | トップページ | もちろん、芝居が最高です »

芝居」カテゴリの記事